イラストレーターになりたい!でも専門学校の学費の問題をまず解決しないと!

イラストレーターを目指したいけど、でもまだまだテクニックも足りないし勉強が必要だ、と思った時に利用したいのが専門学校です。

ここに行けば、基礎デッサンから学べますので、特に完全初心者には面倒がありません。

でも学校というからにはもちろん、学費その他がかかってきます。

イラストレーターは夢だけど

人間、将来はあれになりたいとかこれになりたいという希望や夢、多く抱えています。

イラストレーターももちろんその1つです。

ただこうした、特殊な技能テクニックの必要な仕事の場合、まずはそのテクニックを身に着けなくては始まりません。

独学でももちろん何とかならないではありません。

また中学までの義務教育期間に出来るだけ、絵画教室などに通っておくことも可能です。

しかし高校生あたりで、できたらイラストレーターにと思った場合、まずこのテクニックつまり絵を描くことに対して必須の技術を早急に身につける必要があります。

でも高校の授業では難しいですし、高校生活も忙しいので時間もままなりません。

結果、なりたい気持ちだけは残して、普通に進学と言うケースになることも多いのです。

しかしここで諦めずに、専門学校で学ぶという手もあります。

専門学校なら独学よりも

あくまで独学でなんとかという人もいますが、専門学校なら基礎から学べるという強みがあります。

人物デッサンなど、独学ではまず出来ないことも専門学校ならちゃんと授業に組み込まれています。

またイベントなども開催されて、卒業後に備えるために、編集者など招いてくれたりもします。

アナログだけでなくデジタルの技術も、もちろん器材を揃えてありますので、どちらにも対応ができるように授業を進めてくれます。

学校ですから課題もでますし、それをこなすだけでも充分に学ぶことが可能です。

当人にやる気さえあれば卒業までに、必要以上のテクニックを身につけることが出来るのです。

もちろん、学生であることに甘えて適当に授業を受けたりしていたら、その範疇ではないということも忘れないようにしたいですね。

とは言え学校ならお金がかかるもの

学校という場に通う場合、どうしても必要になるのが授業料その他の費用です。

どの程度かかるのか見てみましょう。

授業料の相場は

昼間と夜間では違いがあります。

全日制だと授業も毎日ですが、夜間だと週に何回という感じですので、授業料に差が出るのは当然です。

全日制の場合の相場としては、大体120万円くらいですね。

安いところで70万円という学校も見られました。

どちらにしろ高校生には、多大な金額と言う感じですね。

交通費もかかる

家の近くに学校があればこれは必要ありませんが、殆どの場合通学費用は計算に入れておかなくてはいけません。

専門学校の認可が降りているなら、学割が使えますのでかなり助かります。

認可のない学校だと、交通費でかなり掛かることも忘れないでください。

全日制の場合毎日、数年通うのにかかる費用ということを忘れないようにしておきましょう。

絵を描くための道具も必要

パソコンやお絵かきソフトなど、学校にいる時にはその機材を利用できます。

しかし家で課題をこなす場合には、これらの用意もしなくてはなりません。

もちろんアナログでの絵を描くためのあれこれも、揃えておかなくてはなりませんね。

学費の安い学校を選ぶ時に注意したいこと

もちろんできるだけ費用は抑えたいものです。

特に働きながらとか、これまでに貯めたお金でという場合、お金に上限が明らかにあるわけです。

親が快く学費を出してくれる場合でも、できるだけ費用は抑えたいものです。

しかし学費が安い学校はもちろんありがたいものですが、入学前に注意しておいたほうがいいこともあります。

器材費や設備費が含まれた金額かどうか

学費は年にいくら、と言う形で明記されています。

ここに器材費や設備費がきちんと含まれているか、チェックしてみてください。

殆どの学校の場合、きちんと含まれた金額で出していますが、そのあたり曖昧になっているところもないではありません。

これが結構大きいので、見た目安いと思っても後から加算で結果、大して変わらない金額になってしまうこともあるのです。

専門学校認可を受けているか

これは特に、学費の安い学校かどうかに関わらず注意したいことの1つです。

この認可を受けていれば、施設や設備の基準以上の物件できちんとしたものであることが分かります。

また教員数に関しても、認可校の場合基準が儲けられていますので、1クラスの人数が多すぎてきちんと見てもらえない、などということがなくなります。

そして何よりも、交通費に関してです。

学割が効くか効かないか、これは数年の通学では大きく金額を左右してきます。

いくら学費が安くても、無認可校に入学してしまうことの無いように、気をつけてください。

また学費を安くするために人件費を抑えて、つまり教員数が少ないというような専門学校に行くのは、当然ですがおすすめできません。

まとめ

学校に通うというのは、つまりお金がかかるということです。

大小に関わらず出費は抑えたいものですが、最初に学校を選ぶ時に金額だけ見てではなく、少々の注意を払ってください。

それを怠って結果、逆に高く付いたというようなことのないように、しておいてくださいね。