イラストレーター目指すならイラストの専門学校に行くべき?

イラストレーターになりたい、子供の頃からの夢を叶えるべく努力してきたけれど、やはり独学だけではなかなか、と言った場合専門学校への入学も考えてみませんか。

専門学校で、自分では習得出来なかった実技を学ぶ、という手もあるんですよ。

イラストを描くのにはやはりテクニックが大事

一見簡単にかけそうな気がするのが、イラストです。

まあプロの仕事というのは、頑張ってやりましたが見る人に感じられるようでは失格です。

イラストも漫画も、バレエや日舞もですが、見ている方には楽々やっているように見えて、楽しませてくれるのがプロの仕事というものです。

スポーツに関しては、そうとも限りませんね。

また絵画にしても、楽々ではなく画家の苦悩や情熱が感じられるものもあります。

しかしそれらは結果として感じられるもので、その中心にあるテクニックというものは当たり前にあるもの、見る人に感じさせないものでもあるのです。

見て楽しむことの出来るイラストも、テクニックこれだけ頑張って描きました、が見えては失格ですね。

それはつまり、揺るぎないテクニックをまず身につける必要があるということです。

独学でもイラストレーターは目指せるけれど

もちろん独学でも、イラストレーターは目指せます。

しかしテクニック、技術を身につけるのは時に独学だけでは厳しいものなのです。

デッサンは無くてはならないテクニック

絵といえば、まずはデッサンです。

物の形を捉え、それを正確に表現することが目的です。

このデッサン、これが独学では難しいのです。

もちろん家にあるものをデッサンすることは出来ますが、それを見て批評してくれる、添削してくれる人がいませんね。

自分では完全なデッサンと思っていても、独りよがりなこともあるのです。

人物を描くこと

イラストは静物だけでなく、もちろん人物も描かなくてはなりません。

人物のデッサンや描写も、学ばなくてはならない、勉強しなくてはいけないのです。

しかし独学で家で学んでいる場合、この人物デッサンが最も大きなネックとなります。

誰かに頼んでモデルになってもらうことも出来ますが、毎日というわけにはもちろん行きません。

また裸体のデッサンの場合、これは人物の骨格や筋肉を描くためには必須のものですが、これ普通ではまず頼めませんよね。

モデルを頼むというのも、非現実的です。

出来上がった作品に対する批評

これが最も、独学で学ぶ人にとっては解決が難しい問題になります。

批評というのは最も人を育ててくれるものです。

特にプロ、自分も同じ業界で仕事している人の批評は、これは非常に参考になりますね。

もちろん編集部に持ち込みして、と言う手もありますがこれが現在では結構難しいです。

コネとか、その雑誌の何かのコンクールに入賞などの実績がないと、門前払いということもあります。

またこうした雑誌などの編集の人の場合、目は肥えているのですが、その雑誌の特徴に沿った指導をしてきたりします。

完全に第三者的には、見てもらえないのです。

独学は難しいことが多いので専門学校へ

色々と大変なことの多い独学での道です。

なので専門学校へとなりますが、どういったタイプの人たちに専門学校入学がおすすめなのでしょうか。

いまいち自分の意志に自身が持てない人

やりたい、目指したい、でも目先のあれこれについ目が行ってしまう、などのちょっと集中力に問題のある人は、専門学校行きがおすすめです。

幸い専門学校の場合、授業と出される課題で時間も体力も完全消費、無駄なことをせず考えずに済みます。

ちょっと自分の意思に自信がない場合、専門学校でしっかりと講師に見張ってもらいつつ勉強してみませんか。

卒業時にはその意志も、かなり強固になっているはずです。

目指したいけど実は

イラストレーターになるのは、本当に子供の頃からの夢だった、と言う人多いです。

しかしだからといって、その時代からずっと柄の勉強をしていたという人は、少ないですよね。

していたと言っても、ノートの端に絵を書いていた程度の人が、大多数のはずです。

つまり早い話、初心者なのです。

まずデッサンや基礎のテクニックを身に着けない限り、なりたいという希望だけでは先進めない状態です。

でも熱意はあるのですから、ここは専門学校でしっかりと基礎技術を身に着けてください。

先々まで考えて不安がある

正直漫画家とかイラストレーターというのは、不安定な仕事です。

どころか、最初のスタートで仕事が来るかどうかも、これわかりませんね。

専門学校の場合、在学中から学内でイベントなどを開催、雑誌の編集者を呼んだりして卒業後に備えての準備もしてくれます。

少なくとも編集者たちとの顔つなぎが出来ますから、その一点だけでも収穫になりますね。

この顔つなぎが、後日の成功に結びつくかもしれないのです。

まとめ

イラストレーターになりたい場合、独学かそれとも専門学校に行くか、これは誰でも迷うものです。

実際、独学のほうが向いている人もいますし、専門学校行きのほうが後日のためにもおすすめできる人もいます。

自分の適性がどちらかを、見極めて選んでくださいね。