イラストの専門学校って何をするの?卒業後どうしてるの?

私は数年前イラストの専門学校に通っていました。

他の専門学校と違って資格を取るわけでもないし、どんなことをして、本当にイラストが上手になるのか疑問が沢山ありますよね。

今回、イラストの専門学校で何ができるのか、卒業後どんな活動をするのか、紹介したいと思います。

イラストの専門学校って何ができるの?

絵が上手くなる方法がわかる

イラストの専門学校に行くと、まず基礎的なデッサンを学びます。

デッサンは画力を上げるのに非常に効果的ですが、専門学校の授業だけで絵が上手くなることはほぼないです。

様々な画法が習得できる

イラストの専門学校では色々な画材を使って、いろいろな画法を学びます。

画材は単体では使えないものが多く、独学だとどう使えばいいのかわからなく、特殊な画法はあきらめてしまいがちです。

いろいろな画法を学ぶうちに、自分に合う画法に出会えると後のイラスト制作が全く変ります。

イラストレーターとしての売り込み方を学べる

イラストレーターとして活動するには、フリーで働く方法と就職して働く方法の二つがあります。

フリーで働く場合自分で自分の絵を売り込まなくてはいけないので、どんな方法で売り込むのか、そして売り込みに大事なポートフォリオや名刺の作り方を学べます。

業界とつながれる

イラストの専門学校の講師は、プロのイラストレーター等の業界をよく知っている方ばかりです。

学校によってはデザイン会社やゲーム会社、出版社の方を呼んで話を聞く授業もありますし、そうしたところでコネクションを作ることができます。

どんな人が通っているの?

年齢層や絵のレベルはいろいろだけどみんなイラストが好き

専門学校は年齢制限がないので、いろいろな世代の人が通います。

特にイラストの専門学校だと、高校卒業後すぐに入学する人、大学卒業後に入学する人、社会人として働きながらや、育児が落ち着いてやりたいことをしたいと入学する人もいます。

イラストのレベルもいろいろで、絵が好きで少し描いているレベルから、美大卒業後にイラストに特化した勉強がしたい人、独学で勉強していてプロ並みの人もいます。

イラストが好きならば特に自分の絵のレベルを心配する必要はないでしょう。

プロのイラストレーターを目指している人

イラストの専門学校に通う人はプロのイラストレーターになりたい人が一番多いです。

すでに絵がうまく、仕事につながるイラストを描きたいというしっかりとした目標をもつ人もいれば、高校を卒業してなんとなくプロのイラストレーターを目指す人もいます。

趣味でイラストを描きたい人

特にプロになりたいわけではなく、趣味のイラストを上達させたいと思ったり、イラストを趣味にしたいという人もいます。

年齢層は高く、人生経験も豊富なので、マイペースに独特な絵を描かれる人が多いです。

イラストの専門学校卒業後の活動は?

卒業後フリーになる人は多い

やはりイラストの専門学校に入学したなら、イラストを仕事にしていきたいですよね。

もちろん、プロのイラストレーターになった方はたくさんいますし、人によっては有名なイラストレーターや画家になっています。

しかし、仕事を獲得するのは大変で、イラストレーターとして仕事を得ずに卒業後数年で辞めてしまう方が多いです。

ただ、精力的に営業をしたりイラストを描いている人は、遅かれ早かれイラストレーターとして色々な仕事を獲得しています。

在学中就職して働いている人はいる

イラストを仕事にしていくのに、安定した収入を得るには、就職するのが一番です。

デザイン会社やゲーム会社等に就職している方はいますが、比率的にあまり多くないのが現状です。

学歴としても美大含め大学卒業に負けてしまうので、実力で勝負しなくてはいけません。

イラストレーターになりたい人の専門学校在学中のおすすめのすごしかた

授業外でもイラストを描く

授業の実技だけでイラストを上達させるのは大変難しいです。

授業で習ったことを生かして授業外に沢山時間を作ってイラストを描くのが、イラスト上達のコツです。

作品をたくさん作る

専門学校在学中は、業界の人に自分のイラストを見てもらうチャンスです。

チャンスがあるのにイラストがないとなるととってももったいないので、作品をたくさん作りましょう。

講師にできるだけ多くの作品を添削してもらう

卒業後はイラストを見せて添削してもらうという場が少なくなります。

プロの講師に自分のイラストを見てもらい、もっと上達するにはどうすればいいか、仕事にするにはどうすればいいかを聞きましょう。

色々な人にポートフォリオを見せる

在学中は業界の人とつながれる機会が非常に多いです。

いつでも名刺を渡したりやポートフォリオを見せられる状態にして、積極的に売り込みましょう。

運が良ければ自分の絵を評価してくれる人に出会えて、そこから仕事につながる可能性があります。

まとめ

イラストの専門学校に通えばイラストが上手くなりますし、コネクションを作ることができます。

しかし、通っていれば自然となるものではなく、学校生活をどのように送るかが重要になります。

なかなかプロになるには難しく孤独な世界ですが、学校には同じような思いを持った人がいるし、プロの講師もいます。

もし専門学校に入りたいと思っている方がいれば、ぜひ検討をしてみてください。